1. >
  2. >
  3. 風水から考える土地購入

風水から考える土地購入

土地購入でも風水は有効

風水というと家の内装やインテリア、家での環境整備のために考えるものであるということが多いです。
しかし、物件を選ぶ際にも風水を参考にすることができます。

風水で重要とされるのが地相と呼ばれる場所の気です。
土地から出ている気に良いものと悪いものとがあると考えられており、それを参考に物件を決定するという方法があります。

そこで、ここでは土地を選ぶにあたって参考にするべき風水を紹介していきます。
今から土地を購入する人は土地を決定する際の参考の一つとして風水も参考にしてみてください。

土地選びで風水を参考にすることが有効な理由

土地選びにあたって特に気をつけたい点として、気のバランスが崩れている場所です。
気のバランスが崩れている場所というのは具体的に体に不眠やイライラといったものとして現れるものです。
風水の影響というのは体に現れるものであり、心身のバランスを崩すことにもなるので注意をした方が良いとされています。

この風水の気のバランスが悪い場所に住んでしまうと、家の中をあれこれと工夫しても地面から上がってくる気の悪さがあまりにも強いために気の悪さが体に影響を及ぼしてしまいます。
どんな取り組みをしても家の状況が変えられないということになってしまえば、最悪の場合には引越しをするしかなくなってしまいますから、慎重に選ぶことが重要なのです。

逆に、風水的に好ましい場所であれば健康で仕事や勉強、金運などいろいろな場面で物事がうまく進む状況を作り出すことができます。
家自体にも良い影響があり、家の老朽化も抑えられたり長持ちがしやすかったりするということもあるのです。

土地選びで使いたい風水

土地選びの際に特に参考にしたいのが吉相の地と呼ばれる場所です。
例えば、首都圏の中でそのような場所は皇居であると言われています。
それ以外に関東では吉相の地はなく、この条件にこだわって土地を探していると日本国内では見つけられないと言われるほど見つけるのが困難です。

そこで、参考にしたいのが風水的に悪くない場所に住む、ということです。
悪くなければ悪いことが起こらないので現状維持や良い状況が起こるということが考えらます。
そこで、形殺(けいさつ)や路殺(ろさつ)、鬼角(きかく)と呼ばれる場所がどこであるのかを確認してそういった場所を避けて物件を選ぶようにします。

理想と言われる土地は四神相応の地が良いと言われています。
北には小高い丘陵があり、東には清らかな川が流れていたり、南には広く開けている土地があったり、西には道路があるというのが理想とされているのです。

また、日本以外の国でも良しとされている土地というのは色々とあります。
それらを参考にして土地を選ぶのも有効です。

You may also like...