1. >
  2. >
  3. 寒さに強い住まいづくりとは

寒さに強い住まいづくりとは

寒さに強い住まいってどんな住まい?

冬、ガタガタと凍えながら家に入った瞬間、自宅も外と変わらない程寒かった。
そんな事態を防ぐためにも、寒さに強い住まいを作る事が大切です。

寒さに強い住まいの場合は、通常の住まいと違って、冬場も暖気を取り入れやすく、中に入った瞬間暖かさを感じるような傾向になります。
冬場に特に起りやすい、ヒートショックを防ぐ為にも、寒暖差が少なく、暖かさに満ちた家を作ることは、非常に重要なポイントです。

とはいえ、ただ暖房をがんがんにつけると言うだけでは、いわゆる寒さに強い家ではありません。
寒さに強い家は、暖気を取り込みやすく、元々有る暖気を逃しにくい、そもそもの作りが違う傾向にあります。
反対に夏場は快適に、涼しく過ごせるように工夫が施されているお家も多く、寒さに強いだけでは無く、オールシーズン快適に過ごせるという点が特徴です。

寒さに強い住まい作りをするポイントは?

寒さに強い住まい作りをする為には、設計段階で色々な部分にこだわりを持つことが大切です。
まず大切なのは、太陽光を取り込みやすいよう、窓の設計、窓の向きを考える事になります。
冬場でも、日中太陽光を室内に取り込めているかによって、家の暖かさは大きく異なりますので、寒さに強い家を作るためには、こうした基本的設計の部分からこだわりを持ちましょう。

次に、床暖房など、効率良く室内を暖めることが出来る、暖房器具を設置することがポイントになります。
エアコンなどをつけるというのも確かに1つの方法ではありますが、エアコンを切った後暖かさが残りにくく、部屋が乾燥しやすくなる点が難点です。

床暖房であれば、住居全体をじんわりと温め、スイッチを切った後も、ほんのり暖かみが続く点が魅力になります。
また、エアコンのように、空気を送って温めるタイプと異なり、室内の湿度には影響をもたらしにくく、冬場の乾燥を防ぐことも出来るでしょう。

そして、建物に利用する素材にこだわりを持つことも大切です。
熱が逃げにくい樹脂素材の窓枠を始め、窓ガラスや、壁材にも、こだわりを持つことで、熱が逃げにくい、暖かみのあるお家を実現することが出来ます。
日頃から寒い地域にお住まいの方は特に、こうした工夫を住居に施して、寒さ対策を行いましょう。

後付けで対策をする事も可能

寒さに強い住まいを作る為には、設計だけでは無く、後から対策をする事も可能です。
例えば、断熱シートを窓に貼り、内側の熱を逃がさず、外側の寒さを通さないような工夫をする事を始め、カーテンを引くだけでも、大きな効果が期待出来るでしょう。
ちょっとした工夫を取り入れるだけでも、寒さ対策が可能ですので、始められる所から、手軽に試して見ることがおすすめです。

You may also like...