1. >
  2. >
  3. リノベーションについて

リノベーションについて

家を購入すること

一生の中で家を購入することというのは一度あるかないかという大きなことです。
人生の中で最も高い買い物であると言われるくらい、家というのは高価な買い物です。

日本人は昔から成功の証として家を購入するべきとか、新築の家を購入できるくらい稼げるようになろう、ということをよく言われてきました。
しかし、実際に現在の長引く不況や金融不安といった状態では新築一戸建てを購入することというのはとても難しいこととなっています。

新築物件を購入するとなると家と土地とを購入することが必要です。
それらの費用を一括で出すことが難しいために、多くの人はローンを組んで購入しますが、ローンを組んでも借入額が新築物件購入分に不足するという人も多く、そういった観点からも新築物件は購入が難しいという人が増えています。

そこで最近注目されるようになっているのが中古物件です。
中古物件と聞くと、先に誰かが住んでいた物件であるためにどうしても気持ちとしてネガティブな感情を持ちがちです。
しかし、中古物件をリーズナブルに購入して、物件購入費用を抑えることができた分で、家に手を加えるということを考えるのが増えています。

リノベーションという考え方

中古物件に手を加えて新築物件以上の付加価値を生み出そうとするのがリノベーションという考え方です。
一昔前は家に手を加えるというとリフォームが一般的でした。
リフォームというのは老朽化したり破損したりした部分を修復することであり、マイナスの状態をプラスにするものです。

それに対してリノベーションというのは革新という意味があり、元の状態異常にするということを意味しています。
家のシステムキッチンを最新式にしたり、床暖房を入れたり、間取りを使い勝手が良いように変えたりとマイナスからゼロではなく、プラスの状態にして新築以上の状態にすることを目指すのがリノベーションなのです。

中古物件を購入する場合、多くが土地代と物件代とを合わせての価格で購入することができ、物件によっては新築の相場に比べて半額近くの値段で購入が可能です。
そこで、このように物件の購入で抑えることができた費用をリノベーション費用に当てて今の家を新築以上のものに変えようとする人が増えています。

リノベーションは環境にも優しい

リノベーションをすることは納得できる家を当初の予定よりもリーズナブルに購入できるということ以外にも色々とあります。
例えば、新築の建築よりも早く工事が終わるために、家を決めてから引越しまでの期間を短くすることができます。

また、すでにある家に手を加えるということで、エコに効果もあります。
今ある物件から出る廃棄物も、新たに作る部分に用いる部品もどちらも最低限に抑えることができるために、環境にも良いのです。

You may also like...