1. >
  2. >
  3. 建て替えとリフォーム

建て替えとリフォーム

建て替えかリフォームか

ローンを組むことも可能

住宅を新しく買うのではなくて、建て替えるか、あるいはリフォームをするという方法があります。
どちらにもメリットとデメリットがあるため、その違いをきちんと理解しておきましょう。
建て替えの場合は、細かい間取りや設備などをすべて自分の希望通りにすることが可能です。

そのため、現在の住宅にある不満点をすべて解決することができるため、満足できる家を得られるでしょう。
リフォームをする場合よりもローンを組みやすいというメリットがあるため、資金については心配する必要がありません。
すべての費用を一括で支払う必要はなくて、ローンでまかなうことができるのです。

ただし、デメリットも存在しており、これまで自分が住んでいた愛着のある建物を壊すことになります。
建築費は高額になりやすいため、かなりのお金がかかってしまうことも欠点といえるでしょう。
仮住まいを用意して、そこに引越しをする必要があるため、面倒であり、余計な費用がかかります。

工事期間はかなりかかってしまうこともあるため、スムーズに新居に入れないこともあります。
不動産取得税をはじめとして、登録免許税や固定資産税といった税金がかかってしまうため、単に工事費のみを負担すればいいわけではないです。

リフォームのメリットとデメリット

リフォームの場合は、これまで住み慣れた家を取り壊す必要はなく、不満のある部分のみを直せるのがメリットです。
新築に建て替えるのと比較すると工事のために期間は短くて済みます。
仮住まいを用意してそちらに引越しをする必要がないため、これまで通りの生活を続けられます。

ただし、リフォームをする部分によっては仮住まいを用意しなければいけないこともあります。
総予算については、諸費用を含めたとしても建て替えよりも低額で済むでしょう。
無理のない予算プランでリフォームをすることができて、臨機応変な対応をしてもらえます。

ただし、デメリットとして自由度は建て替えよりも低くなってしまうため、希望通りにならないかもしれません。主要構造を変えないと家の強度は変更されないため、不安が残ってしまうこともあります。
構造補強を含めてフルリフォームをする場合には、建て替えよりも費用がかかるケースもあるため気をつけましょう。

シロアリ被害のようにあとで新たに必要とされるリフォームが増えてしまうケースもあります。
そうなってしまうと費用が高くなってしまうため、結果的に建て替えよりも損をすることがあります。
このようにリフォームについてもメリットとデメリットがあるため、建て替えとよく比較をして、どちらにするのが得な選択なのかを考えましょう。

You may also like...