1. >
  2. >
  3. 家作りで後悔しないための5つのポイント

家作りで後悔しないための5つのポイント

家の購入時には失敗をしたくない

家を購入するというのはとても大きな買い物です。
普段の洋服を買ったり日用品を買ったりするときには買い物をして失敗をすれば返品交換をすることができます。
しかし、家の場合には購入して失敗をしたと思っても簡単に引越しができません。

また、失敗したと思っても売却をしようとしても購入時の価格と同等で売れないことがほとんどです。
損をすることも多いですし、ローンを抱えた状態で次の家を探すというような状況は精神的にも金銭的にもとても辛いことになります。
そこで、失敗をしないように慎重に選ぶようにしたいものです。

ここでは家を建てるときに失敗をしたと感じたり後悔をしたりしないよう、気をつけるべき点を紹介していきます。
これから家を建てようと考えている人はぜひ参考にしてください。

給与に見合った家にする

当たり前のことなのですが、給与に見合っていない高価な家を購入すると家の購入費用を捻出することが大変になります。
多くの人が家の購入をする際には現金で一括購入をするわけではなく、35年ローンを組んで住宅ローンを借りて家を購入します。

この35年間かけてローンの返済をするということで思わず、月々の返済額にすると返済ができるのではないかと錯覚をしてしまいがちです。
しかし、収入と支出のバランスが崩れてしまうと返済が滞ってしまったり途中で家を手放したりしなければならなくなってしまうことがあるので気を付けましょう。

賃貸物件を借りるにあたっては賃料というのは給料の3分の1を超えない金額にするべきであると言われています。
これは住宅ローンでも該当しますし、可能ならばそれよりも割合が少なくなることが望ましいです。

相場や一般的な住宅の購入額といった情報に惑わされてしまうことも多いです。
そういった周囲の情報ではなく、きちんと自分の収入や返済可能額といった自分の物差しで見極めることが重要になります。

依頼するハウスメーカー選び

ハウスメーカーは大手から地元の工務店までたくさんの業者があります。
このようなたくさんの業者の中から自分の家を任せたいと思える相手を探すことは決して簡単なことではありません。
人によっては迷ってしまい決めきれないからといって大手にしよう、とか費用が安いからという理由で決めるということもあります。

しかし、ハウスメーカー選びというのは家の仕上がりや住み心地の満足度を決める重要なものです。
しっかりと比較検討をして後悔をしないようにしましょう。

必ず見積もりや見積書の内容、問い合わせ時の対応といったことから総合的に判断をして任せられる業者を選んでいきます。
一生に一度の家を購入するというイベントであり、一生住むことになる家を購入することになりますから、それだけ大きな仕事を任せたいと思える業者が見つかるまでは何度も色々な業者に問い合わせたり来訪したりということを続けるようにしましょう。

You may also like...