1. >
  2. >
  3. 借入はどれぐらいできるか

借入はどれぐらいできるか

住宅購入で必要なお金

金融機関を利用する

住宅を購入するために必要なお金をすべて一括で支払えるような方はほとんどいないでしょう。
多くの方は金融機関からお金を借り入れて、そのお金を利用して住宅を購入することになります。
この場合、どのくらいのお金を借り入れることができるのかはとても重要でしょう。

基本的には、土地、または建物の担保価値による限度額と、本人の年収によって決まる限度額の2つの考え方があります。
このうちの低い方の限度額が実際に金融機関から借り入れることのできるお金の限度額となるのです。
基本的には、融資金額の上限は1億円以内となっており、融資率の上限としては必要な資金の8割から9割となっています。

ただし、最近では必要な資金の100%の額を融資上限としているサービスも出てきています。
中には100%どころではなくて120%を上限としている金融機関も登場しており、状況はどんどん変化しています。
そのため、実際に金融機関に問い合わせをしてみたり、ホームページをチェックすることは大切です。

収入の限度額については、年収400万円未満の場合は年間の合計返済額が年収の30%、年収400万円以上の場合は35%が上限となっています。
場合によっては配偶者や両親、子供など同居する予定のある家族全員の収入を合算することもできます。

年収と借入額の考え方

借入限度額というのは、そこまでお金を借りられるということであり、それを下回る金額を借りることは自由です。
限度額に達しないのであれば、こちらで借入額を設定することができるため、限度額にこだわる必要はないでしょう。
一般的には、年収の25%以内が目安となっており、できれば20%以内にするのが理想とされています。

つまり年収400万円の場合には年間の返済額が80万円が理想であり、20年ローンであれば借入額は1600万円ということになるでしょう。
借入可能額についてはインターネット上でシミュレーションできるサイトがあるため、そちらを活用してみましょう。
また、年収というのはこれから増える可能性もあれば、減ってしまう可能性もあるため気をつけましょう。

これからどの程度年収が増えていくのかを考慮して、さらに子供の学費のように負担が増えるようなものも計算に入れるべきです。
無理のないローンを組むことは大事であり、そのためにはある程度の頭金を準備しておくと良いでしょう。
ローンというのは金利がかかってしまうため、借入額はできるだけ低い方が良いのです。

自分でかなりの費用を出すことができるならば、借入額を抑えることができるため、とてもお得になります。
住宅を購入する際にはお金の問題は最も大事なことであるため、時間をかけてじっくりと検討しましょう。

You may also like...