1. >
  2. >
  3. 住宅ローン

住宅ローン

住宅ローンを借りる

家を購入する際、多くの人は一括で費用を支払って購入するということはできません。
特に新築物件の場合には、土地代と家の建築費用とがかかるためにトータルの購入費用というのは数千万に上ります。
これだけの費用を生活しながら貯金するのは一筋縄ではなく、全額貯金するには定年退職まで働いて退職金を受け取るまでかかってしまいます。

そこで、多くの人は住宅ローンを金融機関から借り入れて家を購入し、毎月住宅ローンの返済をするというシステムで家を購入します。
住宅ローンを借りるにもたくさんの金融機関が様々なタイプの商品を打ち出しているので、自分たちにあったものを選ぶことが必要となります。

お得な住宅ローンはどれなのか

住宅ローンには、金利が変動するものと固定のものとがあります。
借り入れた時の金利のまま返済が全て終わるまでずっと金利が固定されているものと、経済変動に応じて金利が変わるものとがあるのです。

多くの人が住宅ローンを借り入れるにあたっては、どちらの金利のタイプを利用すると採取的に支払う金額を少なくすることができるのか、お得なのか、ということを考えます。
どちらがお得かを考えるためには、一般的な住宅ローンの借り入れ期間である35年間の金利をシミュレーションして費用を算出しなければなりません。

ただし、誰もが35年後の経済状況やそれまでに起こりうるトラブルといったことの予測はできません。
そのため、シミュレーションが実際に同じようになるかはわからないのです。
住宅ローンの完済が終わってから初めてどちらがお得であったのかという正解が出るのです。
そこで、借入時にきちんと自分たちなりに分析をして納得した上でどちらを選ぶかということが重要であり、お得という観点では判断が難しいのです。

住宅ローンの種類

住宅ローンを借り入れるにあたっては、いくつかの金融機関で打ち出されている商品の内容を比較してどれが自分たちにあっているのかを選び出すことが必要となります。
変動金利は経済動向によって金利が変動するものであり、固定金利は初めから返済が終わる35年後までずっと同じもの、最近では一定期間までは固定金利であり、そこからは固定金利と変動金利とを選択できるという選択型も出てきています。

多くの場合には、ハウスメーカーや銀行は変動金利でのシミュレーションをします。
これは、固定金利より変動金利の方が金利の利率が現在ひくいためです。

もちろん、変動金利の場合には、この金利と同じ程度の状態で35年間を過ごせるかはわかりません。
ただし、現在は不況の真っ只中であり、なかなか好景気になると考えられないという点からファイナンシャルプランナーや銀行担当者は変動金利を選択する人が多いのです。

You may also like...