1. >
  2. >
  3. 注文住宅は値引きできるのか

注文住宅は値引きできるのか

注文住宅は高い

多くの人の中で注文住宅といえば高いというイメージが多いものです。
しかし、注文住宅が高いというのは分譲物件に比べてのものであり、これは致し方ないことであるといえます。

分譲物件というのはすでにある程度ハウスメーカーや建築士が決めた物件を建てているために、分譲住宅よりもコストがカットできる部分が多いです。
また、注文住宅はそれぞれの家庭の希望を組み込むために、どんどんと色々なリクエストが加わっていくためにどうしても価格が高くなっていってしまうのです。

一生に一度の家購入であるために、可能な限りこだわりたいと思うのは当然のことではあります。
しかし、購入するのに予算オーバーとなってしまえばそのぶん返済が大変になりますし、場合によっては返済が難しく家を手放さなければならないこともあります。

注文住宅の値引きができるのか

誰もが少しでも家を安く買いたいと思います。
しかし、安く買うとなれば値引き交渉が必要です。
注文住宅の場合には値引き交渉が成立するのか、そしてどのくらいの割合での値引きが可能であるのかということはとても気になることでもあります。

家は購入価格が高いために値引きされる金額というのも数十万円や数百万とかなり大きな価格になります。
値引きされた金額で車が買えるというようなこともあるくらい、値引き額というのは大きなものになるので、できるものならば値引きをしてもらいたいものです。

しかし、注文住宅は基本的には値引きがされません。
値引きというのは分譲住宅のようにすでに出来上がっているものに対して行われるものです。
注文住宅のように自分たちがリクエストしてこれから建築をするという物件は、契約が成立したからこそ家の建築が始まるという仕組みであるためです。

値引きではなく価格調整

このような観点から注文住宅に行われるのは値引きではなく価格調整です。
価格調整というのは最終的な価格を下げるために、建築計画を変更してトータルの価格を下げられるように調整をしていくのです。

注文住宅というのは自分たちのオーダー通りに家を建てることができます。
多くの人は物件の内容についてオーダーをすることをイメージしますが、逆に予算を伝えてその予算内で建てられる家を考えるということもできるのです。

工務店やハウスメーカーにとっても値引きをして欲しいと言われると、値引きをするということは利益を削るということになり、当初から利益を少なめに設定している業者の場合には値引きをすることで利益がほとんどなくなってしまうということもあります。
そのような状況を避けるためには工事内容を変更する方が同じ利益が減るにしても、利率が下がらないので都合がよく、快く応じてくれますから遠慮なく工事内容の変更については相談するようにしましょう。

You may also like...