1. >
  2. >
  3. 注文住宅の作成期間

注文住宅の作成期間

設計に必要な期間

プランの決定が一番大切

実際にどのくらいの規模の住宅をどのような工法で建てるのか、さらにどの業者に頼むのかによって、必要な期間は異なります。
それでも、だいたいの目安としては9ヶ月から14ヶ月程度かかると考えてください。
家づくりにはさまざまな工程があるのですが、実際に工事をしたり、設計をするための時間はそれほど違いはありません。

一番時間がかかる点は最初にプランを決定するまでであり、これに数ヶ月かかることもあります。
依頼先にこちらの希望を伝えて、さまざまな提案をしてもらい、それをチェックして、さらに要望を伝えたり、修正してもらったりするのです。
こだわりが多いほど、当然時間がかかってしまうため、長い場合だと1年以上も続いて、しかも住宅を建てるのをやめるようなこともあります。

プラン決定に時間がかかってしまう要因をつくっているのは、多くの場合建主側に責任があります。
最初はほとんど知識を持っていない状態で業者に相談をするのですが、自分でどんどん情報を集めていくため、知識が増えていきます。
そうなると、要望したいことが増えていくため、途中で考え方を変えてしまったり、大きなプラン変更を要求することもあるのです。

家族全員が納得することが大事なため、言い争いになってしまったりすることもあります。
なかなか意見がまとまらなかったり、喧嘩にまで発展してしまうこともあるのです。
このようにプラン決定までに時間がかかってしまうため、実際にどのくらいの期間がかかるのかは予測することが難しいです。

期間を短縮するためには

多くの方はできるだけ短い期間で注文住宅を建てたいでしょうが、時間をかけることは大切です。
数千万円というお金を使って住宅を建てることになるため、じっくりと検討することは必要なのです。
ただし、必要以上に時間をかけてしまうと、さまざまな弊害が出てしまうこともあるでしょう。

工事期間を短縮すると欠陥住宅を建てられてしまう可能性があるため、実際に住宅の建設に関わる部分については期間を短くすることはできません。
結局、期間を短くできる部分というのは、最初のプラン決定までの部分ぐらいです。
まず、家族で話し合いをすることになるのですが、その際にはみんなの意見をまとめる約を決めておきましょう。

それぞれが自分の希望を勝手に言い合っているだけでは、意見はいつまで経ってもまとまりません。
家族内できちんと意見をまとめてから、業者の方に家族の総意としての希望を伝えましょう。
すべての希望を叶えることは難しいため、それぞれの要望をランク付けすることをおすすめします。

分からない部分や疑問点については、すぐに業者の方に質問をすると良いでしょう。
最初にプランを決定する際には、できるだけスムーズに行うべきです。

You may also like...