1. >
  2. >
  3. 注文住宅と建売住宅について

注文住宅と建売住宅について

オーダーメイドだからできる!こだわりのキッチン

自分好みの家にすることができる

自分の家を持つ方法として、注文住宅と建売住宅という2つの方法があります。
注文住宅の場合は自分のこだわりを反映させることができて、比較的自由度の高い点が魅力となっています。
基本的に注文住宅とはオーダーメイドとなっているため、自分の希望を反映させやすいのです。

たとえば、キッチンは広くしたい、リビングを吹き抜けにした、中庭が欲しい、セキュリティを万全にしたいなどのように複数の希望を兼ね備えた住宅を得ることができます。
あらゆる要望に応えることができるため、自分にとっての理想的な家が手に入るでしょう。
ただし、住宅が完成するまでには時間がかかってしまうというデメリットがあり、なかなか先へ進まないということもあるでしょう。

また、注文住宅の場合は細かい点で予算を調整することができるため、自分の納得できる額で住宅を購入できます。
家を建てるために使うことになる建築資材は自由に選ぶことができるため、たとえばこだわりの部分には費用をたくさんかけて、それ以外は最低限の費用で済ませるということもできます。
予算配分を自由に決めることができるため、納得のいく予算で住宅を建ててもらうことができるのです。建設の途中で現場を見学することができるため、きちんと工事が行われているのかを確認できます。
現場を管理している人に対していろいろと質問をすることもできるため、安心できるのです。
注文住宅のデメリットとしては、あまりにもこだわりを追求してしまうと簡単に予算をオーバーしてしまう点です。
そのため、たとえ注文住宅であっても、どこかで妥協しなければいけないケースは多いです。

建売住宅のメリットとデメリット

建売住宅の場合はすでに住宅が完成しているというメリットがあるため、スピーディに入居することができます。
すぐに引っ越しをして、新しい生活を始めることができるため、手間がかかりません。
家の状態は直にチェックすることができるため、そのときに細かい部分を確認しておけば、思い違いはなくなるでしょう。

間取りはどのようになっているのか、設備はどんなものが整っているのか、外装はどうなっているのかも確認できます。
さらには周囲の治安や便利施設、通学路や通勤コースなどもじっくりと調べることが可能です。
このようにいくつかのメリットが存在するため、注文住宅ではなく建売住宅を選ぶケースもあります。

ただしデメリットとしては、基本的に一般層を対象としているため、万人受けするようなデザインの住宅ばかりです。
奇をてらったようなものはほとんどなく、どの住宅をみても似たようなものばかりでしょう。
間取りを変更したり、設備を変えたりするのには限界があるため、妥協しなければいけません。
このようなデメリットもあることを理解したうえで、注文住宅と建売住宅を比較しましょう。

You may also like...